いろいろな当日予約レンタカーのおすすめの使い方

従来、レンタカーは観光地などで旅の足代わりに使われることが主要な需要でしたが、最近では、若者の車離れが深刻化し始めたことから、車を持つ人が減少してききているため、それに影響されて、一時的に車が必要になったときなどに便利なレンタカーが普段使いの足として、進化してきました。時代が進むにつれ、オプション・装備の充実や他店舗へレンタカーの返却、格安レンタカーなどがさまざまなバリエーションを持って生まれていきました。市の数多ある進化の中でも、最も注目すべきもののひとつに、当日予約で借りられるようになったことが挙げられます。レンタカーとは普通、数日前もって予約することが必要でしたが、当日予約のシステムでは、最短で30分前予約が可能な店舗が見られるほど便利になっています。

当日予約でレンタカーを借りる様々な方法

前日や当日になってレンタカーを借りる予定ではなかったのに、状況が急に変わり、レンタカーが必要になった場合は、当日予約が可能な店舗で前日、当日でも希望の店舗に在庫があれば、電話連絡などで予約することができます。また、スマートフォンでのサービスが行われているレンタカーがあれば、そちらを使って予約するほうが急いでいる中でも、手間が少なく予約を済ますことができます。加えて、空港や主要駅付では、直接店舗に行き予約せずに借りることができます。しかし、店舗の在庫の状況や希望の車種が利用状況、利用料金が車種によって、あがってしまうことなどさまざまなデメリットがみられます。前日、当日に確実にレンタカーを借りたい方は、都心から離れた郊外のレンタカーやマイナーな駅近くのレンタカーを利用するのがお勧めです。

海外で当日予約のレンタカーを借りる方法

日本ではなく、旅行先の海外でレンタカーの予約をしていないが、急に必要になった場合、日本のレンタカーと同じような対処法があります。ハワイ、グアム、アメリカなどのリゾート地、観光地として発達している地域では、直接現地の窓口に向かい、在庫が残っていた場合、レンタカーを借りることができます。しかし、在庫の状況や、語学の問題、国々で異なる保険や補償の知識が必要であることがデメリットとして挙げられます。また、最近では、インターネット上に、日本語化された予約サイトを提供している海外のレンタカーが増えてきました。こちらでの予約の場合、店舗に足を運ばなくても、必要な時間の在庫状況や料金の比較、オプションの保険の内容などあらかじめ日本語でわかりやすく予約できるのでおすすめの方法です。